新型コロナウィルス エアロゾロ感染とは?効果的な予防法とは?

新型コロナウィルス エアロゾロ感染とは?効果的な予防法とは?

ジュネーブ 2日 ロイター]

– 世界保健機関(WHO)の

テドロス事務局長は2日、

新型コロナウイルスの感染拡大に

ついてWHOは

韓国、

イタリア、

イラン、

日本の情勢を

最も懸念していると述べました。

WHO 懸念国 韓国 イタリア イラン 日本

テドロス事務局長は、

過去24時間の感染件数の増加は

中国国外が

国内の約9倍だったと指摘します。

 

呼吸器官を侵す病原菌が

市中感染するという

「これまでに経験したことのない事態」

に直面していると指摘します。

 

同時に

「正しく対応すれば封じ込めは可能」とし、

「全ての国の最優先事項とすべき」

と強調しました。

テドロス事務局長は、

中国以外の

61カ国・地域で

8739例の感染が報告され、

うち81%のケースは4カ国

集中していると指摘します。

 

残りの57カ国中38カ国で

確認された感染は10例以下、

19カ国は1例のみのほか、

2週間以上感染が出ていない国もあり、

「多くの国で新型ウイルスを封じ込めている」

と評価しました。

緊急事態プログラムの

責任者マイク・ライアン氏も

「われわれが市中感染と確認した国は

極めて少ない」と述べました。

テドロス事務局長によると、

WHOの代表団は

物資の供給や政府支援のために

イランに到着しました。

 

韓国については監視措置の効果が出ており、

感染拡大は封じ込められるとの見方を

示しました。

新型コロナウィルス 感染ルート エアロゾル感染

新型コロナウイルスの感染ルートについて、

従来の飛沫(ひまつ)感染と接触感染に加えて、

霧状に浮遊する粒子に混じったウイルスを

吸引する「エアロゾル感染」の可能性が

あるとの見方を示しました。

中国政府が公式見解で認めたのは初めて

エアロゾル感染については

上海市当局が2月8日、

専門家の意見として主な感染ルートと

認められると発表しています。

 

一方、中国疾病予防コントロールセンターは

翌9日の記者会見で

「エアロゾルを介して感染することを

示す証拠はない」と否定するなど、

中国国内でも見方が割れていました。

 

エアロゾル感染とは

 

「気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子を

エアロゾル(aerosol)といいます。

エアロゾルは,その生成過程の違いから

粉じん(dust)とかフューム(fume)、

ミスト(mist)、

ばいじん(smokedust)などと呼ばれ、

また気象学的には、

視程や色の違いなどから、

霧(fog )、もや(mist )、

煙霧(haze )、スモッグ(smog )などと

呼ばれることもあります。

 

エアロゾル粒子の性状は、

粒径や化学組成、形状、

光学的・電気的特性など多くの因子に

よって表され、きわめて複雑です。

例えば粒径についていえば、

分子やイオンとほぼ等しい

0.001μm=1nm程度から

花粉のような100μm程度まで

約5桁にわたる広い範囲が

対象となります」

(「μm」はマイクロメートル、

「nm」はナノメートル。

0.001マイクロメートル=1ナノメートル=10億分の1メートル)

つまり、エアロゾルは、

空気中に浮遊する、

直径が0.001μmから100μmの粒子、

ということになります。

エアロゾル感染

日本では感染経路として

定義されていない

日本では、感染症は

「接触感染」、

「飛沫感染」、

「空気感染(飛沫核感染)」、

「媒介物感染

(水や食品、血液、虫などを媒介した感染)」

という4通りの方法で広がると

見なしており、

エアロゾル感染は

感染経路として定義されていません。

 

私たちの日常生活においても、

ウイルスを含むさまざまな粒子径の

エアロゾルが発生する危険性が

ある場面が2つあります。

 

それは、新型コロナウイルス感染患者が

嘔吐した場合と、

下痢をしている場合です。

 

嘔吐物、便にコロナウイルスが

含まれている可能性は高いのです。

 

嘔吐物の処理は、

ノロウイルス感染者が嘔吐した場合と

同様に行う必要があります。

 

また、患者が排便後に、

便器に蓋をかぶせずに流すと、

ウイルスを含むエアロゾルが舞い上がり、

しばらく空気中に漂う可能性が

あります。

 

もし、洗面台も同じ空間にあるなら、

歯ブラシやうがい用のコップに

付着する可能性さえあります。

 

新型コロナウイルス感染症は、

現時点では先が見えないために、

SNSでは、悲観的な情報ばかりが

大きく取り上げられる状況に

なっています。

 

しかし、不確かな情報にあわてることなく、

持病があればしっかり治療をし、

免疫力を落とさないよう健康的な生活を

続けながら、

感染する可能性がある場面を

できるだけ避け、

正しく予防することが大切です。

 

今回のエアロゾル感染に関する報道は、

インフルエンザ予防策のひとつとして

換気が大切だったことを

思い出させてくれました。

 

これまでの手洗いや消毒に加えて、

換気も適切に実施していくことが大切です。

スポンサードリンク



まとめ

エアロゾル感染も感染経路のひとつと

考えることが重要なようです。

 

毎日の手洗いや消毒に加えて

換気の適切な実施も必要な

ようです。

投稿日:

執筆者: